耳垢がやわらかかった

高校生の頃洗いたてのブラウスが帰る頃になると不思議な臭いがしました。

 

まだワキガと言う名前も世間に浸透していない時代の高校生でしたので、自分の脇が臭うなんて思ってもいせんでした。

 

二十歳の頃はじめて自分がワキガであると認識しました。

 

ナイロン系のワンピースを着ていたのですがそれが物凄く臭って、会社の送別会に出席していたのですが、とにかく早く帰りたかったです。

 

それからわたしのワキガとの格闘の日がはじまりました。

 

彼とのデートの時、彼との夜の時、シャワーと汗ふきシートは必ずでした。

 

次第に脇そのものより、臭いのついた服が臭う事にきづきました。

 

なので真夏でもTシャツの下に汗とりパッドのついた肌着を必ずきていました。

 

しかし、汗とりパッドは必ずしもピンポイントで脇汗部分にあたってるかと言えばそうではありません。

 

袖が短いとずり上がってしまい、意味をなしません。

 

また脇の臭いは袖の縫い目の真ん中ではなく袖の少し前のほうが臭います。

 

多くの汗とりパッドは真ん中に取り付けられているので少しずらしていただければなぁと今も思っています。

 

私の場合父親からの遺伝でした。幼い頃から父親のにおいだと思っていたものがまったく違っていました。

 

妹は母親の遺伝らしくワキガではありません。

 

耳垢もカサカサです。私はベトベトです。臭いを消すために市販のデオドラント商品をつかいました。

 

全てのダメでした。やはり洋服が臭うのです。

 

今私が一番いいと思うのは汗脇パッドです。貼り変えるタイプのもの。

 

中の肌着に貼って脇にぴったりとつくもの。

 

ただナイロン系の肌着だと粘着が弱く夏などは汗で落ちてしまう事があるので綿系でないといけないみたいです。

 

本当はノースリーブの上にジャケットとか、ナイロン系のオシャレ着一枚とか、着たいのですがそんな事したら恐怖に押しつぶされます。

 

今高校生の男の子がいますが次男だけ遺伝してしまいました。

 

運動部なので脇部分は毎日手洗いしています。

 

ワキガだとは教えていません。汗をかいたら着替えなさいと言っています。

 

しかし何故か次男の場合右だけがワキガのようです。

 

最近はナイロン系のスポーツシャツばかりなので困っています。

 

脇部だけ綿素材でTシャツを作る法律でもあればいいのにと思っています。